このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年中途入社

篠原 照正

介護職 / リーダー
しのはら・てるまさ
社会人のスタートは、橋梁を専門とする設計事務所。約4年間設計士として活躍していたが、父親を介護することになり退職。その時にお世話になったケアマネージャーが進めてくれた専門学校でも学ぶ。設計士時代から、いつかは地元の西宮で働きたいという思いがあり、メヌエットへの入職を決めた。
介護職 / リーダー/篠原 照正
父親の介護をきかっけに、この道を志しました。

父親の介護をきかっけに、この道を志しました。

大学では機械工学を学び、最初に就職したのも設計事務所。いわゆる理系出身だった私が、なぜいま介護職をしているのかというと、きっかけは父親を介護することになったことです。いろんな方の力を借りて頑張っていたのですが、お世話になっていたケアマネージャーさんに、介護の専門学校への入学を勧められ、どうせなら介護のプロになろうと思ったのです。
そして、そのケアマネージャーさんに紹介していただいた会社を通じて、メヌエットに出会い入職することになりました。
ユニットリーダーとして、利用者様だけでなく後輩の指導も。

ユニットリーダーとして、利用者様だけでなく後輩の指導も。

リーダーと言っても、私自身もメヌエットに入ってまだ3年が過ぎたところ。すなわち、介護職としてのキャリアも同じです。まだまだ自分が勉強しないといけないことばかりではありますが、社会人としての経験や、実際に家族として介護を経験していたということもあり、リーダーを任せていただいています。
リーダーとして意識しているのは、できるかぎりメンバーとコミュニケーションをとること。シフト調整はもちろん、利用者様のケアのやり方なども、私が押し付けるのではなく、話し合って意見やアイデアを求めるよう意識しています。このことが、利用者様のためになるだけでなく、メンバーの成長にもつながると信じているんです。
メンバーとの議論が成果につながると、すごく嬉しいですね。

メンバーとの議論が成果につながると、すごく嬉しいですね。

介護の仕事は、職員一人ひとりの知識と経験と技術が求められます。しかし、それ以上に大切なのが、チームワーク。特に、ユニットケアを行うメヌエットのような施設では、そう実感します。だからこそ、私たちのユニットが担当する利用者様のサポートについては、利用者様の個性や状態や要望に合わせて、メンバー全員で共有して方針や方法を話し合いで決めるようにしています。
そうして利用者様に喜んでいただけたり目に見える成果が出たときは、何とも言えない喜びを感じます。
数年後にはケアマネージャーになりたい。

数年後にはケアマネージャーになりたい。

この仕事に就いて3年が過ぎ、ひと通りのことはできる様になりました。でも、経験や知識が増えてきたからこそ、難しさを感じることも増えてきました。いま最も難しいなと思うのは、利用者様の要望と私たちの理想のギャップ。私たちのセオリーではこうした方がいい、ということを、必ずしも利用者様が望まれていなかったり、私たちのやり方に利用者様が無理に合わせてくれていたのを後で知ったり。
こういった引き出しをもっともっと増やし、柔軟で適確な対応ができるようになりたいですね。そしてケアマネージャーの資格を取って、私をこの道に導いてくれたケアマネージャーさんのようになりたいと思っています。

施設も職員も明るいのが、最大の魅力だと思います。

特にここで生活をされる入所者様が、できるかぎりご自宅にいたときと同じように安心して楽しい毎日を過ごせることが、私たちの望み。そのためには、私たち職員同士が居心地の良さをつくっていかなくてはなりません。でも、ここメヌエットは、施設長をはじめ年齢や職種やキャリアに関係なく、なんでも言いたいことが言える風土が自然にできあがっています。
経験の有無よりも、人と話すのが好き、仲間と一緒に目標に向かうのが好き、そんな方にぴったりの環境だと思います。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

介護福祉士に関連する求人票を見る