このエントリーをはてなブックマークに追加
2019新卒入社

上田 桜花

介護職
うえだ・はな
高校卒業後、新卒で入職。具体的に福祉業界を志望したのは高校に入ってからだが、もともと住んでいる地域に高齢者が多く、小さいころから可愛がってもらっていたことが記憶に残っている。同期で入職したもう一人の新人職員と一緒に、トライアンドエラーの毎日を過ごしている。
介護職/上田 桜花
小さいころから、高齢者の方のやさしさに触れることが多かったのです。

小さいころから、高齢者の方のやさしさに触れることが多かったのです。

介護職をめざそう、老人ホームに就職しよう、そう決めたのは高校に入学して就職のことを考え始めてから。でも、なぜそう思うようにったのかを振り返ると、小さいころから積み重なった思い出だと思います。
私が住んでいる地域には高齢者の方が多く、いろんな方が昔話を聞かせてくれたり、何かの集まりに呼んでもらって手伝ったりとか、触れ合うことが多かったのです。漠然と、いつかはその恩返しがしたいなと思っていたのかもしれませんね。
生活のサポートだけでなく、生活を豊かに楽しくするお手伝いも。

生活のサポートだけでなく、生活を豊かに楽しくするお手伝いも。

私たち介護職の主な仕事は、利用者様の生活の中でのさまざまなサポートであることに間違いありません。食事の介助やトイレや入浴のお手伝いなど、とても大切で責任を感じる仕事です。でも、私たちが期待されているのは、それだけではありません。
ここメヌエットでは、施設内外で行うレクレーションなども、私たち職員がアイデアを出し合って行っています。利用者様の生活に、どれだけ楽しみや喜びをプラスできるか。日々直接コミュニケーションをしている私たちだからこそ、期待されているのだと思います。
なかなか信頼されなかった方からの「ありがとう」は、本当にうれしかったですね。

なかなか信頼されなかった方からの「ありがとう」は、本当にうれしかったですね。

私のスキル不足やコミュニケ―ションの未熟さで、なかなか心を開いていただけない利用者様がいらっしゃいました。少しきつく当たられたりすることもあったのですが、ある時、他の職員と談笑されているときに近くにいって一緒にお話を聞かせてもらいました。その時のお話がとても面白く、自然な笑顔で聞いていたら、「聞いてくれてありがとう」と言っていただけたのです。この「ありがとう」で、少し壁を乗り越えた気がします。
後輩が入ってきたら、いちばん相談しやすい先輩になりたい。

後輩が入ってきたら、いちばん相談しやすい先輩になりたい。

メヌエットに入って、もうすぐ1年。後輩が入ってきたら、いよいよ私も先輩になります。その人にとっては、私がいちばん年の近い先輩になります。だからこそ、なんでも話しやすい慕われる存在になりたいです。
私自身がこの1年でもっとも成長したのは、介護のスキルに加えて、コミュニケーション力だと思います。もともと人見知りをするタイプで、自分から積極的に話しかける方ではなかったのですが、自分でもびっくりするくらいそれができるようになりました。これからの目標は、頼りになる存在になること、ですね。

職員が余裕をもって業務に集中できる環境です。

メヌエットでは、介護職が掃除や洗濯などの雑用をすることはありません。そのための専任の職員がちゃんと配置されているのです。また、勤務シフトやお休みなども、できるかぎり希望を聞いてもらえます。小さなお子さんのいる方など、急用ができた場合でも柔軟に対応しています。
いろんな年齢層の職員がいますので、私のような社会経験が少ない人には、とても心強く安心できる環境です。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

介護福祉士に関連する求人票を見る